金欠解決法!!

金欠時の解決法を紹介しています。

お金に困ったときの対処法

【お金が無いときは稼ぐか使わない努力をする。】

私がお金が無いときによくやる行動は求人雑誌や求人サイトで仕事探し(日払いのバイトを含む)するなど、収入を増やすということをしたり、なるべくお金を使わないようにしてお財布の中身を気にしながらお金ないときの対処をしているのです。

よく借金をすればいいじゃないのという人がいるのですが、私の場合は非正規労働者として働いているので収入も不安定でかつ過去に借金で失敗をしているということもあり安易に借金をという考えがなくなりました。

それに日払いのアルバイトであれば、仕事が終わったら直ぐに給料がもらえることがほとんどなので少しでも暇があれば積極的に応募して仕事をもらう努力をしているのです。

もちろん仕事にあぶれていても最近はクラウドソーシングという働き方で自宅のパソコンで仕事をするという方法もあります。ただし、直ぐに収入になるというわけではないのですが、自宅で仕事をする分お金を使うということが無いので節約にもなるのです。

更にお金を使わない努力として、お金のあるときにポイントカードでポイントを貯めてお金が無いときはポイントで買い物をするというやり方で節約を心がけています。

最近はVISAデビットというデビットカードもあり、これならお金の管理ができて特典によってはキャッシュバックもあるのでポイントカードとあわせ使いをしてお金が無いときはポイントカードで支払うというやり方をしています。

クレジットカードだと支払いが1ヶ月先の決まった日にまとめて引き落としという形になるのでどうしても支払いが滞ってしまうということもおきてしまうからです。

それにお金の管理があいまいだったりすると結局借金になってしまうからです。

もちろん最近はいろいろなネットでのサービスでポイントが貯まったりオンラインゲームでためるということもできるので、お金が無いけどポイントをためたいという人であれば暇つぶしに利用して貯めることをすればお金を使わずにポイントを貯めることができるのでお勧めです。

他にもモニターに参加するという方法もありますが自分の気に入ったものにしておくとよりいいものになるでしょう。

 
【お金を借りる場合は、親に貸してもらうか、物品を売るか】

お金がなくなった時の対処方法となりますと、私自身は障害者年金をもらっていますので、親から前借りしています。

確実に返せるあてがあるので、親も貸してくれるようです。

それ以外の方法として、クレジットやショッピングローンで買ったものを、そのまま、売ってしまい、お金にするという事もあります。

いずれにせよ、この時期に支払いなり、必要なお金がある時で、それ程はありません。

最近では、お金を貯金しています。突っ込んで言うと、金銭管理をちゃんとするという話です。

どこかで一人暮らしをしているだとか、仕事の事、又子供や家族の病気で、お金が必要な場合、ちゃんと先を考えていて、必要な額を持っておくと良いと思います。

いざとなって、借りるしかない場合は、結構、精神的にも余裕がありません。

生活で、お金がなくなるというのは、予期せぬ事情であることです。
私の場合だと、騙されたり、お金を急に貸してくるような人でしょうか。こと、自身の金銭は自身の範囲内でやらないといけないと思います。

お金がなくなった時の対処方法で、まだ親が生きているからいいですけれど、それ以外のために貯金しておかないと、今の時代、危険な場合が多いです。

上記二つの理由以外で、必要な出費というものは、基本的にはありません。借り癖をなくすことが大事です。

生きる金殺す金でいうなら、何かお願いしたり、お礼のためにお金を使う事は損ですが、生活に関しては、無理なく切り詰めて貯金しておく事が大事です。

とはいえ、近親者がよくお金を借りるため、僕も借りるといいのかなと思った時期がありました。

結果的に、生活の首をしめますね。今返しているお金が足りなくなった時、本当に貸してくれる所もないので、上記二つの方法でやっています。一番危なくないです。

それ以外だと、身の回りの物をヤフオクに出してしまいますね。金がなくなって、借りて返すというのは、計算しても無駄で、少し危険です。多重債務者のような方向になるので、気をつけた方が正解です。

 
【キャッシングを利用する場合の注意点】

とても気になる即日キャッシングに関するある程度の内容だけは、理解済みの方は少なくないのですが、利用する際にどんな方法でキャッシングがされるものなか、正しく詳細に理解できている人は、そんなにはいないのではないのでしょうか?

半数を超えるカードローン会社だと、利用を検討中の方対象のフリーダイヤルを使えるように用意しているのです。もちろんフリーコールでアドバイスを受けるときは、あなた自身の過去と現在の審査に影響するような情報を自分で判断せずに全て伝えていただくことが重要なのです。

申込まれたカードローンの可否を決定する事前審査で、在籍確認と呼ばれる確認行為が必ず実施されています。全ての申込者に行うこの確認はカードローンの融資を希望している人が、提出済みの申込書に記入されている勤務先である会社や団体、お店などで、本当に勤めているかどうかについてチェックしているのです。

簡単に考えてキャッシングを利用するための審査の申込を行った場合、問題なくパスできたはずだと思われる、キャッシングに関する審査も、通してもらえないなんてことになることが十分考えられるので、申込には注意をしてください。

支払いのお金が今すぐ必要!そんなピンチの方は、当然といえば当然ですが、当日現金が手に入る即日キャッシングで対応してもらうのが、いいでしょう。大急ぎでまとまった現金を入金希望の場合には、最適ですごく魅力的な融資商品として注目されています。

貸金業法という貸金業を規制する法律では、ローン申込書の記入についても綿密な規則が定められており、申しまれたキャッシング会社の担当者によって申込者の代わりに申込書を変更したり訂正したりすることは、できないことになっています。だから、記入間違いの場合は、訂正する語句の上から二重線を引いて抹消しそのうえで訂正印を押印しないと訂正できないのです。

見た限りではいわゆる小口融資であって、比較的簡単に借りることができる融資商品を、「キャッシング」「カードローン」などの表記を用いて紹介されていることが、ほとんどだと感じている人が大勢いらっしゃることと思います。

そもそもカードローンってどれがいいのか?というのは≪こちら≫のサイトを見てみてください。詳しく書かれていますからね。

忙しくてもインターネットのWeb契約だったら、非常に簡単で使いやすいのですが、やはりキャッシングの申込は、必ずお金の貸し借りに関係するわけですから、記入漏れや誤りなどミスがあれば、本来通過すべき審査が通過できないという結果になる可能性も、残念ながらゼロではありません。

融資のための審査は、キャッシング会社が利用している信用情報機関に蓄積されているデータで、その人のこれまでの実績や評価を確認しています。キャッシングを利用して融資してもらうには、厳しい審査に通らなくてはいけません。

ありがたいことに、時間がなくてもネット上で、パソコンなどの画面で簡単な設問を漏れなく入力していただくだけで、融資可能な金額などを、分かりやすくシミュレーションをしてくれるキャッシング会社もありますから、新規の申込は、とてもシンプルですぐにできるものなので安心してください。

キャッシングにおける審査の現場では、その人の収入金額や、今までの勤続年数などが見られています。かなり古いキャッシングの返済が大幅に滞ってしまった…このような実績は全て、信用情報を重視しているキャッシング会社には筒抜けになっていることが少なくありません。

無駄のないキャッシング、そしてローンなどについてのデータを入手することによって、本来は感じなくていい不安な気持ちとか、注意不足が原因となって発生する問題によって被害がないように備えておきましょう。ちゃんと勉強しておかないと、取り返しのつかないことにもなりかねません。

大人気となっている一定日数(最大30日)の、利息が不要となっている無利息キャッシングであれば、ローンで融資してくれた金融機関に支払うお金の総計が、無利息期間分は必ず安くなるわけなので、これは見逃せません。ちなみに、判定のための審査が、他よりも厳しいものになることもないのです。

依頼したキャッシングカードの申込書の内容に、不備とか誤記入などが見つかると、たいてい再提出していただくか訂正印をいただくため、一旦返却されて遅れることになるのです。自署でないといけないケースでは、やり過ぎなくらい間違えないように記入してください。

スピーディーで人気の即日キャッシングしてもらえるキャッシング会社というのは、一般的に考えられているよりも多いんですよ。どれにしても、決められている当日の振り込みが可能なタイムリミット前に、決められているいくつかの契約や手続きが終わって他に残っていないということが、必須です。


金欠時に取る方法を考える

自分はお金が足りなくな立った場合の対処法は現在のところ3パターン確立しています。1つ目は親に借りるパターン。2つ目にカードローンを利用するパターン。最後にキャッシングを利用するパターンです。時と場合によって使い分けるようにしています。
まず1つ目、3万円以内であれば親兄弟に相談するようにしています。3万円ぐらいの借り入れならこれまでも何度もしたことがありますし、カードローンやキャッシングと違い金利も基本的にありません。実際貸してくれるかは別ですが、相談だけはするようにしています。
そして2つ目ですがこれは3万以上の借り入れの時に実施している方法です。親兄弟でも気軽に言えませんし、お金の貸し借りは今までの関係を壊してしまうというリスクがありますのでそういう点もありますので借りないようにしてます。なのでそういう場合はカードローンを利用するようにしています。カードローンは審査も早くできるので金欠になった時にすぐにお金を引き出せるという流れに入りやすいためとても利用しやすいです。また、計画的にりようすれば金利も今後生活していくにあたりあまり負担にならないことが多いのでうまく利用できればとても便利です。
最後に行うパターンが、即引き出しがしたいという場合です。やはり親兄弟とは別に住んでいることもありますし、ある程度話し合ってからお金の受け渡しとなることがほとんどですので、借りるまでにだいぶ時間が必要となってくることが多いです。そういった場合はキャッシングを利用することもあります。キャッシングはクレジットカードにキャッシング枠を設定して銀行やコンビニのATMでそのまま引き出すことができるので、銀行口座から現金を引き出すのと同じような感覚で利用することができるのがうれしいです。また、当日中に返金すれば金利手数料が無料ということもありますのでしっかり下調べして利用することが多いです。
これらのように、その時々で使い分けうまく対処していくことにしています。