金欠解決法!!

金欠時の解決法を紹介しています。

続く車と家のローン

まず、よくあるローンは車です。

私は車のローンを4年で組みました。

なぜローンを組んだのかというとキャッシュで払えるほどの資金がなかったからです。

月々3万円弱の金額を支払っています。生活には支障はありません。

ところが24歳のときに家を建てました。そのことにより家のローンが車のローンと重ねてあります。

家のローンは車と違ってキャッシュで支払える人はほとんどいないと思います。

ローンが2つ重なるとかなりきついイメージがあると思いますが、家のローンは家を建てる前は田舎のアパート暮らしだったので6万5千円くらいだったのでその金額にあわせて月々の支払い金額を決めたため、さほど前の暮らしとは変わりはありません。

返済は35年ローンのため59歳まであります。

アパート暮らしがずっと続いていると考えれば生活には支障がないです。

それとは別の車のローンは1度終われば死ぬまで買わなくてもいいわけでもないため、ローンがあるのとないのでは生活にはだいぶ影響してきます。

ローンを組まないようにするには、やはり貯金しかありません。今の車のローンが終わるとローンがある前提で車のローンで出ているお金を貯金していく方法をとります。それでも車を買うには少し足りないと思うので貯金を崩すしかないです。

年齢が重なってくると冠婚葬祭や子供の進学などの出費は考えられます。

そういったことにも対応していかなければならないため手持ちの貯金は残しときたい、でも車を買わなければならない状況になるとやはりローンを組むという選択になると思います。ローンがあるとやっぱり生活には余裕はなくなってきます。

現在は車のローンと家のローンを2つ支払っていますが、車のローンが終わり次第次の車のローンをくまなければならない状況になっています。

こうなってくると生活の方は節約生活が始まります。

光熱費や外食を抑えて、さらに遠出などの旅行もすることができなくなります。

節約をしていても必要なものは買わないといけませんし、生活をしていかないといけません。

先日ソファーがボロボロになってきたので買い換えようという事になり。。。家具屋さん回りをしたんだけどどれも予算オーバー|д゚)

高いソファを購入するほど余裕はないので、今は便利なネットで安いソファを探して購入しましたよ・・・※ソファ安い

車を買わなければできる生活もありますが、田舎は車がないと生活ができませんので、ローンを組みたくなくても組まざる負えないということになります。

ローンから解放される日はまだまだ遠いということです。


Leave a Reply

Your email address will not be published.